このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 MVNO 【朗報】格安スマホ「速度差別」禁止義務化、公平競争へ

【朗報】格安スマホ「速度差別」禁止義務化、公平競争へ

1544view

2018.09.03

総務省は、大手携帯電話会社が格安スマートフォン会社に対して回線を提供する際、通信速度を遅くするなどの差別を禁じる。10月にも省令を改正する。携帯電話会社間の公平な競争環境を確保する狙いがある。

格安スマホ利用者に朗報です。

事実かは不明ですが使用者の肌感としてもサブキャリアのワイモバイルやUQモバイルの速度が優遇されているように感じていました。

それが優遇ではなく、普通になるとすればLINEモバイルやmineoなどのサブキャリア以外を使用しているユーザーには朗報ではないでしょうか。

記事全文(※読売オンライン)はこちら

電気通信事業法の施行規則を改正し、大手が格安スマホ会社と回線提供の契約をする際、通信速度などで不当な差別的扱いを行わないことを約款に記載するよう義務づける。大手各社は改正後、3か月以内に対応する必要がある。

 総務省は「差別の禁止を明確に定めることで、通信速度への疑念を払拭ふっしょくすることができる」としている。

 携帯電話市場に関する総務省の有識者会議が行ったヒアリングでは、格安スマホ各社から、携帯大手が格安スマホ会社よりも自社グループ会社の通信速度を優遇しているとの意見が出ていた。

 

 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る