このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 MVNO iPhoneで格安SIM使うならコレ!おすすめ格安SIMまとめ

iPhoneで格安SIM使うならコレ!おすすめ格安SIMまとめ

1043view

2017.10.08

iPhoneも格安SIMが使えます

iPhone×格安SIMを使いたい方へ、その方法をお伝えします。

iPhoneだと格安SIMが使えない?と思っている方が多いようですがそんなことはありません。

下記の方法で今使用しているiPhoneを格安SIM化する事ができます。

 

1.AppleストアでSIMフリーの端末を購入、自由に格安SIMが選べます

 

2.キャリアでもドコモ、au回線のiPhoneであれば同じ回線網の格安simであればそのまま使えます。

例)ドコモ回線の場合→LINEモバイル、楽天モバイル、mineo、IIJなど

au回線の場合→mineo、UQモバイル、IIJなど

 

3.2015年以降の端末でキャリアと異なる回線網にする場合はSIMロックを解除することで使用することが出来ます。

2015年以前の端末はsimロック解除が出来ませんので新しく購入することで格安SIM化してください。

SIMロック解除の方法はこちら→SIMロック解除とは?あなたのスマホをSIMフリーに出来る技

 

ドコモの方はすぐに格安SIMへ移行できます

格安SIMの90%以上の格安SIM事業者がドコモ回線を使っているからためドコモのiPhoneユーザーなら、手持ちのiPhoneはそのままで即格安SIMへ乗り換えできます。

回線速度にこだわりがあるドコモユーザーなら、iPhoneをSIMロック解除して、他社回線系の格安SIMに乗り換えるのも手です。ソフトバンク系列のワイモバイルやau系列のUQモバイルは安定した速度を保っています。

現在、格安SIM事業者は684(2017年3月総務省)もあり、結局どれがいいのか選べない…という人も多いのではないでしょうか。

そこで、iPhoneユーザーにおすすめの格安SIMをいくつか選りすぐって紹介します。

 

ドコモ回線ならLINEモバイル

LINEモバイルについては下記に記載しております。

LINEモバイルが優れている理由

カウントフリーというサービスを展開しており、LINEらしい魅力です。LINE、Facebook、Twitter、Instagramをどれだけ使っても通信料がかからないというのはネットユーザー必見のサービスです。

また格安SIMの悩みとして、通話料金がありますがLINE OUT(旧LINE電話)を使うことで電話料金をとことん下げることが出来ます。

LINE OUTで無料通話を使いたおそう

 

LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

 

Amazonでエントリーパッケージの購入を考えている方はこちらをどうぞ。注意点を理解しお得に購入することが出来ます。

LINEモバイルをAmazonで買う注意点

 

au回線で通信品質で選ぶならUQモバイル

UQモバイルは通信品質が違う!

UQ mobileでは、auの回線を使用しているわけですが、先述の通り、多くの格安SIMのMVNOではドコモの回線を使用しています。

どうしてもドコモで直接契約している人の回線の方が優先されてしまうことから、ドコモ回線を使っているMVNOに充てられる使用枠は限られています。その中で多くのの格安SIMユーザーが回線を利用するため、回線速度が低下しています。

一方、auの回線の場合、回線を扱っているMVNOが少ないため、格安SIMのユーザー数自体が少ないということが挙げられる。

これによって、au系のMVNOであるUQ mobileの通信速度は速くなる環境が整いやすく、今のところはUQ mobileが最速クラスです。

UQモバイルのサイトはこちら

UQモバイル

 

月額基本料金が安いのはIIJmio

回線速度が比較的安定しており、圧倒的なキャンペーンをやらない変わりに玄人好みといわれるIIJは月額基本料金も他社と比較してもとても安く設定されています。

▼IIJの基本料金はこちら

キャンペーン無し→キャンペーン有り

  • 3GB:1600円→1300円
  • 6GB:2220円→1920円
  • 10GB:3260円→2960円

キャンペーン無しでも相当安く、一番利用者の多い3GBの音声通話プランで比較してみると下記のようになります。

  • ocnモバイルone→1800円
  • 楽天モバイル→1600円
  • mineo→1600円
  • LINEモバイル→1690円
  • DMMモバイル→1500円
  • BIGLOBEモバイル→1600円
  • UQモバイル→1680円

 

また、iPhoneへの対応表はこちら

タイプDと呼ばれるドコモ回線であればほとんど使用可能です。

IIJの公式サイトはこちら

IIJmio

 

まとめ

今お使いのiPhoneを格安SIMにしたい方、新しくiPhoneを購入する方も格安SIMを使う方法があります。

Androidのsimフリー端末が格安SIMの王道ではありますが、apple製品、iPhoneがよいという方も是非格安SIMにしてみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る